飲食店経営者必見!今すぐできる集客のための4つの極意!


カフェや居酒屋など飲食店を経営している方、またはこれから契約する方にとって最も不安なのが集客です。

今繁盛している飲食店のほとんどが集客に成功しています。だからといってその方法を実践すれば集客が可能か?と言われるとそうではありません。

お店ごとに集客方法は変わってくるので自分の飲食店にあった集客を行う必要が出てきます。

自分のお店にあった集客を行うためには土台が必要不可欠です。まずは基本を固めてからお店の色を出すような集客に変えていきます。

今回は、今すぐできる集客のための4つの極意をまとめてみました!

集客のコツは総合力です。

どこかに特化しても集客が成功する訳ではありません。

総合的にバランスが整って初めて集客がスムーズに進みます。それでは、集客のための4つの極意を見ていきましょう!

ホームページで雰囲気を伝える

まず、飲食店の集客として始めたいのがホームページ作成です。今や多くの飲食店がホームページを作成している時代です。ユーザー側も初めて行く飲食店なら必ず調べてから向かいます。その際に、どんな雰囲気を持った飲食店なのか、ホームページを通して伝えることができます。残念ながらすべての人にフィットするようなホームページを作ることはできませんが、お店の個性を強調するホームページを作成することで一定の集客が見込めます。ホームページ集客で重要なのはデザインと情報です。

まず、デザインはなるべくお店の雰囲気と同じようにしましょう。例えば、自然にこだわったカフェなら白や緑、茶色といったアースカラーでデザインを作成。上品な雰囲気が魅力的な居酒屋ならシックな色をベースにしたデザインを作成。自身の飲食店によってデザインは変わってきます。このデザインはホームページを訪れた人にとっては最初に目に入るので特に力を入れたいところです。デザインは無料のテンプレートなど揃っている作成ツールを使って自分で作ったり、デザイン会社やクラウドソーシングなどで発注したり作成する際の選択肢は豊富です。ご自身にあった作成方法でホームページを作ってください。

続いて、情報に関しては飲食店が伝えたいことをまとめましょう。例えば、お店の理念、ニュース、メニュー、アクセスなど載せる情報をまとめる必要があります。基本的な情報はどのホームページでも似ていますが、お店の理念やメニューの見せ方はお店ごとに異なってきます。情報を元に見やすいデザインを作成してお店の雰囲気を伝えましょう!

チラシは地域に根ざすなら必須

基本的にホームページを見るユーザーの方は遠方やその地域に訪れた方などが多いです。地域の方に利用してもらう場合はポスティングが重要になります。飲食店の経営にとって地元のユーザーの方は必要不可欠な存在になります。地元に根ざすことは長期的な経営の助けとなるので地元の方への宣伝もしていきましょう。そこで、ポスティングするためのチラシを作ることをおすすめします。チラシにはお店の名前、メニューやアクセスなどを記載して近所の方々に見てもらうことを目的とします。特にオープン前にチラシを配ると効果が高いので、これからオープンを控えている方はチラシの作成を検討してください。

チラシの作成イメージに関してですが、前述したホームページとイメージを統一することを心がけましょう。そして、重要なのがチラシ独自の特典です。例えば、チラシにオープン記念の1品無料のクーポンを付けたり、割引クーポンを付けたりすると非常に効果が高いです。チラシ限定の特典はホームページでは受け取れないので地元の人にとっては得になります。チラシの集客のポイントとしてまず来店してもらうという点が重要です。来店してもらわなければ集客は成功ではないです。

メニューはデザインと情報のバランスが大事

飲食店にとって肝心なのがメニューの作成です。集客が成功して来店したお客さんがまず目にするのがお店のメニューです。メニューのデザインに関してはホームページやチラシと同様に統一感を持たせることが大切です。掲載するメニューやおすすめ、または季節限定のメニューなどをうまく配置して見やすく興味を惹くように作成しましょう。メニューを自分で作成したい方は印刷会社の利用をおすすめします。例えば、ビスタプリントのようにテンプレートが豊富にある印刷会社なら初心者でも簡単にメニューを作成できます。これらを利用して理想のメニューを作成しましょう。

そして、一番重視したいのが載せるメニューに関して。メニュー作成はお店の売り上げに直結してきます。商品の売り切れや手間などを考えてメニューを作成しなければならないので、闇雲にメニューを乗せればいい訳ではありません。特に注意したいのがメニューを増やしすぎて工数を増やしてしまうケースです。もし、集客に成功しても頼んだ商品の工数がかかればお客さんは待つことになります。できるだけスムーズに注文を受けて提供するためにもメニュー選びは時間をかけましょう。

  1. すべてのメニューを書き出す
  2. 定番メニューを決める
  3. おすすめメニューを決める
  4. 限定メニューを決める

メニュー選びのコツとしてはすべてのメニューを書き出して提供できるものを決めます。その後、定番メニューを決めていきます。定番メニューとはそのジャンルのお店に行ったら必ず用意されているメニューのことです。その後、お店のおすすめメニューを決めます。さらに、同じジャンルのお店にはないオリジナルメニューなどを作成するのもおすすめです。最後に、季節限定のメニューをなどを用意します。お客さんに選択肢を与えすぎてしまうと迷ってしまうので必ず気軽に注文できる導線を作りましょう。

リピーターを生み出すための施策

最後に重要なのがリピーターを生み出すための施策です。集客が成功して来店してくれた方をリピーターにすることでお店の経営が安定していきます。もちろん、楽しい時間を過ごせればまた来店してくれますが、次に来店しやすい施策があればなお良いです。リピーターは新規客を開拓してくれるかもしれない重要な存在なのでしっかりと対応しましょう。リピーターを生み出すための施策としては以下のものが挙げられます。

  • メルマガ登録を促してメッセージを送る
  • スタンプカードで来るたびにお得感を出す
  • お客さんとの関係性を大事にしよう

まず、飲食店でメルマガの展開を考えている人は一定の間隔で宣伝メッセージを送りましょう。お店にまた訪れたいと思っていても思い出すきっかけがなければ来店してくれない人も多いです。メルマガは簡単にできるので配信サービスなどを使ってホームページやメニューに記載しておくといいでしょう。または、TwitterやFacebookページなどのフォローを促して情報を配信することもおすすめします。

続いては、スタンプカードの作成です。これは飲食店以外にも導入されているお店を経営する上で基本的な施策です。来店数に応じて割引があったり、商品がタダになったり特典をつけましょう。そうすることで自然とまた来たいと思ってくれます。ここで重要なのがスタンプカードで特典を受けるまでの長さです。あまりに特典までの道のりが長いとお客さんとしては来る回数に注目してしまいます。お得な特典を用意している場合はそれまでに小さな特典を用意するなどにして来店を促しましょう

最後に、重要なのがお客さんとの関係性です。来店した際に顔を覚えることはもちろん、話した内容も覚えておくとリピート率が上がります。また、毎回同じメニューを頼む人は誕生日やイベントごとの際にサービスするなどさまざまな施策が考えられます。常連限定のメニューの作成などは特に効果的なので既存客とのバランスをとりながら特別感を出していきましょう!

まとめ:極意を覚えてすぐに実践!

飲食店の集客における極意を紹介しました。今回紹介した4つの極意をすぐに実践しましょう。どれも効果的で反応が出やすいものが多いので、集客に悩んでいる方におすすめです。これらの集客を行っていく中でお店独自の集客方法を見出していってください。もちろん、この方法以外にも施策はたくさんあるので他の人気店をリサーチしたり、実際に訪れてみたりするのも一つの手です。本記事を参考に飲食店の集客を実現してみてはいかがでしょうか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)