飲食店のリピーターの重要性とリピート率を上げる方法!


飲食店を経営している方にとって、重要なのはリピーターの存在です。リピート率を上げるためには、さまざまな施策が必要になります。

今回は、売上にも直結してくるリピーターの重要性と、リピート率を上げる方法をご紹介します。新規客がなかなか根付かないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

施策次第で必ずリピーターは生まれます。現在の改善点を明確にしてリピート率を上げていきましょう!

飲食店においてリピーターは重要?

飲食店を経営する上で欠かせないのが、リピーターの存在です。飲食店の経営を始めた際に、まずは新規客が重要になります。

多くの経営者は新規客を呼び込む施策を行います。ある程度、新規客が集まると安心しますが、注意しなければいけないのがリピート率です新規客が多いだけで、リピーターが根付かなかったら意味がありません

集客は新規客を集めるきっかけであり、リピートしてくれるかどうかはお店によります。魅力的な飲食店であれば、新規客を根付かせることが可能です。しかし、魅力がない場合はリピーターになってくれる人は少ないでしょう。

もちろん、開店当初の新規客は重要な存在です。ただ、呼び込むだけに力を入れすぎるあまり、リピーターのことを考えないという方は多いです。

開店当初によくある間違いで、気付けばリピーターが少ないということがあります。ここで、重要なのがリピーターを見越した集客を行うということです。

多くの集客方法は新規客を呼ぶためだけの施策になっています。これだけではリピート率は上がりません。リピーターを生み出すためには、開店当初から客単価やリピート率を考えましょう

効率よく集客を行えば、新規客とリピーターのバランスが上手にとれます。集客で人が集まるが、経営が不安定という方は、リピーターが少ないことが多いです。

集客方法の見直しを行うことで、この状況を改善することができます。これから開店する人はリピーターを見越した集客を行うようにしてください。

売上を安定させるなら客単価を考えよう

飲食店の経営者なら押さえておきたいのが、客単価の知識です。客単価とは1人当たりが支払う料金のことを指します。

月の売上予算をもとに1人当たりいくら使って欲しいのか、考える必要があります。例えば、月の売上が悪い場合は客単価を上げることで改善できます。客単価をコントロールすることで、経営を安定した方向に持っていけます。

そこで、まず新規客とリピーターの客単価を考えてみましょう。新規客の客単価を平均と、リピーターの客単価の平均を考えれば、自ずと理想的な単価が分かります。

正直な話、リピーターの客単価は安定して推移します。逆に新規客の客単価は不安定なことが多いです。売上を考えるならリピーターの客単価を安定させることが重要です。客単価をコントロールする際には、いくつかの施策が考えられます。

まず、紹介するのはアップセルと呼ばれる手法です。これはプラス◯◯円でサイズが大きくなるなどお得感を出して誘導する方法です。

例えば、ラーメン店ならプラス100円で大盛りにするといった施策があります。これは、アップセルの代表的なパターンです。大盛りなどのサイズアップは原価的に響くわけではないので、導入しやすい手法です。

リスクが少ない方法なので、いかに魅力的にアップセルを誘導するかがポイントになります。どのジャンルの飲食店でも使える手法なので、ぜひ試してみてください。

次に、紹介するのがクロスセルです。こちらは抱き合わせで販売する手法です。例えば、プラス◯◯円で他のメニューが付くといったパターンです。単品で買うよりも安く感じるため、お得感が出しやすい手法です。

セット販売のメニューなどはこの手法が使われています。注文時に”ご一緒にいかがですか?”と勧めるだけでいいので、すぐに導入しやすいです。ぜひ、アップセルとクロスセルを試してみましょう!

リピート率を上げるならサービスを向上させよう

最後に紹介するのはリピート率です。リピート率は顧客満足度が大きく関係してきます

新規客が来店後にもう一度行きたくなるかどうかがポイントになります。そのためには、サービスの充実が欠かせません

リピート率を上げる場合は、どの新規客がリピーターになるか考えなければいけません。また、リピーターになりそうな見込み客には、つなぎとめるサービスが必要です。

まず、すべての新規客が、リピーターになる可能性があることを覚えておきましょう。その上で、どんな理由で来店した新規客か見極めましょう

例えば、友達の紹介で来店した客、カップルで来店した客、口コミで来店した客、たまたま来店した客などです。新規客のタイプを理解すれば、次にリピーターになる見込み客を見極められます。

例を元に考えると、友達の紹介やカップルで来店した客などは、リピーターになる可能性が高いです。逆に口コミやたまたまの場合は、施策を考える必要があります。

施策としては、次回に使えるクーポンやポイントカードなどを用意して、見込み客へと昇格させましょう。このように、新規客を分類しながら力の入れどころを考えれば、無駄な工数をかけずにリピート率を向上させられます。

まとめ:リピーターを増やして安定させる

飲食店にとってリピーターの増加は欠かせない要素です。新規客とリピーターのバランスがとれた時、はじめて経営が安定します。

常に安全で美味しいものを提供するというのは基本です。その上で施策や手法を導入しながら、経営のバランスをとりましょう。本記事で知識をつけて飲食店のリピーターを増やしていきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)