ビラ配りで知っておきたい反響率とは?その改善によって得られるメリットを知ろう

集客のために行うビラ配りとは、チラシやフライヤーを街頭などで配ることです。宣伝や告知、イベントのアピールなどに活用されますが、その反響率というものを測ることで効果を知ることができます。そこで今回、ビラ配りの反響率と効果の改善方法について考えてみます。

ビラ配りの反響率を測る理由とは?

ビラ配りはチラシやフライヤーを手渡しで配るもので、問い合わせを受けたり来店してもらったりするなどのアクションを得ることを目的としています。しかし、数を打てば当たるという言葉があるものの、ビラ配りはむやみにばら撒いても反響を得られるものではありません。そこでどの程度の効果が得られているのか調べるのが、反響率の測定です。これは何枚配ってどの程度の問い合わせを受けることができたのか、あるいは来店や購入につながったのかを調べるものです。測定を行う理由は、単に反響率を知るためだけではありません。どのようなチラシを、どのように配れば効果が高まるのかを調べる目的があります。これを精査してみると、配る人によっても効果に違いがあることも分かってきます。つまり、何かしらのノウハウがあるということが分かるのです。それを分析することで、集客効果を高める配布方法も見えてくるようになります。

反響率はどのように測れば良いのか

それでは具体的に、ビラ配りの反響率をどのようにして測定するのかを考えてみます。まず、来店や問い合わせがあった場合、その人が配ったビラを見たことでそのようなアクションを起こしたのかどうか、どのようにすれば確かめることができるでしょうか。最も簡単な方法は、配ったビラを持ってきてもらうことです。もちろん、来店時にはビラを持ってきてくださいと頼んでも、みんながその通りにしてくれるとは限りません。そこで、ビラを持参することで何かしらのメリットが得られるような工夫をすることが必要です。例えば、配布したビラを持参した人には何かプレゼントをするというのはどうでしょうか。これならばお店に足を運ぶ手間がかかるとしても、ビラを持ってきてくれる人は増えそうです。しかし、ここで重要なことは、その人がビラの内容に興味を持って来店したのか、それとも単にプレゼントが欲しいから足を運んだのかまではわからないということです。純粋に商品やサービスを宣伝するビラに興味を持ってくれたのであれば、その購入やサービス利用につながる確率は高まります。一方、単にプレゼントが欲しいだけで来店した人は、そのような確率は低くなります。もちろん、お店に足を運んでくれさえすれば購入につながる可能性は生まれます。しかし、そのようなプレゼントを用意するのにもコストはかかりますし、ここはほんの気持ち程度のプレゼントにしておくというのも一つの方法と言えます。チラシ内容に興味は持ったもののお店に足を運ぶ労力を使うまでには至らない人の、背中を押すきっかけにはなります。

また、ビラ配りの反響率測定には、単純に来店などにつながった割合を調べるだけではなく、どんなエリアが効果的だったのか、どんなデザインならば興味を持ってもらえるのかなどを細かく調べることができます。例えば配布するエリアによって異なる番号を振っておくことにより、どのエリアがどの程度の反響率だったのかを知ることができます。また、配る人ごとに異なる番号を割り当てることで、誰がどの程度の反響率となっているのかも調べることができます。成績の良い人の配り方を観察して、それをマニュアル化することも可能になります。

反響率をどのように改善すれば良いのか

続いて反響率を測定した上で、それをどのように高めれば良いのかを考えてみます。上記で述べたように、配る人によって反響率が異なるならば、成績の良い人の配り方を観察してノウハウ化するという方法があります。時間内に配る枚数を多くする方法があるのか、それともある程度ターゲットを限定しているのかなど、コツは色々とありそうです。それをスタッフみんなに周知することで全体の反響率を高めることにつながります。あるいはどんな場所でどのような時間帯に反響率が高まるのか、傾向を分析すれば効率良く配ることができるようになります。また、デザインに関しても、デザインを変えるごとに違う番号を振ってそれぞれの反響率を調べることができます。このようにして反響率の高いデザインを特定することが可能です。サイズを変えたり色数を変えたりするなど、試す選択肢は多くあります。何度も配布する必要があるので、チラシやフライヤーの印刷コストについても考える必要があります。そのためにはネット印刷サービスを利用するなど、コストを少しでも抑えるように工夫することも大切です。

終わりに

ビラ配りはこのように、何度も実験的に配って反響率を高める必要があることが分かります。反響率の測定方法も幾つかありますし、またチラシの内容に興味を持ってアクションを起こす人を増やすためには、過度なキャンペーンは控えた方が良いことも分かります。いくら来店や問い合わせにつながったとしても、そのために大きなコストをかけるようなことがあってはならないからです。またネット印刷サービスを利用すれば、印刷コストを抑えることができる点にも注意が必要です。

折込チラシの効果は高いのか?

チラシの配布方法には、家の郵便受けに直接入れるポスティングと新聞に折り込む方法があります。それぞれに得られる効果や活用方法は異なります。そこで今回は折込チラシについて、その効果などを考えてみます。

折込チラシとはどんなもの?

折込チラシとは、新聞にチラシを入れて一緒に配布してもらう方法です。ポスティングのように一軒ごとに配る必要がないので、いろいろなメリットがあります。例えば大量に配布したい場合、ポスティングでは何日もかかることがあります。しかし、新聞への折り込みなら、一度の配布で全てを配り終えることができます。広い範囲の地域で一斉に宣伝したい場合には便利です。またポスティングと比べるとコストが安いことも特徴です。折込チラシの手間と言えば、配る前の新聞1部ずつに挟む労力が必要になる程度です。しかし、ポスティングは一軒ずつ回って郵便受けにチラシを入れなければなりません。マンションのように郵便受けが一か所にまとまっていれば良いのですが、一戸建てばかりの地域となればポスティング料金は高くなります。また新聞を購読する年代や家族構成が限定されてくるので、戦略を立てた配布ができることも利点と言えます。商品やサービスによっては、対象を限定することで効果的に宣伝することができます。

折込チラシによって得られる効果

折込チラシによる宣伝で得られる効果は色々とあります。まずお店やサービス、商品の存在を知ってもらうことができます。多くの場合、周辺の地域で集客したいお店がチラシを利用します。住宅街の中にあるようなお店は目立たないために集客に苦労します。そこで折込チラシを利用することで周りの地域の人に宣伝することができます。また定期的に配布することで、リピーターを確保することができます。一度だけ来店した人の場合、時間が経つとその記憶は薄れていきますし、再度足を向ける確率は下がると言われます。そこでチラシを配布し続けることで、来店した記憶を定着させることが期待できます。そして情報を提供し続けることで、リピーターとしてお店に通ってもらえるようになるわけです。

折込チラシによる宣伝に向いている業種とは

業種によっても折込チラシが向いているものがあります。例えば食料品や雑貨などを扱うお店、あるいはスーパーなどが折込チラシによる宣伝で効果的に集客できます。普段お客さんが利用するお店ですが、地域内に複数のお店があればどこに行くかの判断材料となります。特売日とあれば、そのお店で買い物をした方が得ですので、そのような情報を伝えることで集客することができます。また、緊急度の高いお店なども折込チラシを入れると効果的に集客できます。例えばピザや寿司店のような宅配サービスの場合、その必要がある時に備えてチラシを取っておいてもらえます。同様に水回りの修理サービスといった業者のチラシも、すぐに役に立たなくとも問題が生じた時の緊急性が高いため集客効果があります。

折込チラシの効果的な利用方法とは

まずお店を開店する場合の集客に利用できます。新規オープンではキャンペーンを用意することなどによって多くの人を集めることができます。特に住宅街のパン屋や美容院といったお店は、その前を通らないと気づかれないものです。そこで折込チラシで宣伝することでお店の存在を知ってもらうことができます。またスーパーなどが特売をする場合、その宣伝をすることができます。お得情報を流すことで興味を引くことができます。あるいは提供するメニューが多く、お店でつい迷うような人のために、あらかじめ折込チラシでメニューやその特徴などを紹介することができます。家でじっくりと見てもらうことができるので、お店で慌てて商品やサービスを選ぶ必要がなくなります。

折込チラシの反響率を高めるコツ

折込チラシは新聞と共に配布するという特徴を持っています。それを利用することで、反響率を高めることが可能です。例えば新聞の購読率が下がっていると言われますが、相対的に購読者は高齢化しています。つまり高齢者向けの商品やサービスを宣伝する場合には、効率良く宣伝できるわけです。また新聞の読まれ方にも注意してみると、配布するコツが見えてきます。例えば月曜日は多くの人が忙しく、あまりゆっくりと朝刊が読まれることがないと言われます。そのために折込チラシも少なくなります。逆に週末を控えた金曜日となれば、休みを利用して家族で出かけることができるようなイベントなどの宣伝をするチラシが増えます。家族でどこか近場に出かけようとする人に見てもらう可能性が高いからです。特に住宅関係のチラシが増えますが、これは土日を利用してモデルルームなどへの集客が見込めるからです。このように、曜日ごとに異なる需要を考えることで反響率を高める配布ができます。

終わりに

折込チラシは新聞と共に配布してもらうことで、効率良く宣伝効果を得ることができます。まず新聞の購読層や家族構成を考慮することで、ピンポイントで商品やサービスをアピールすることができます。さらに曜日ごとの新聞の読まれ方を考慮すれば、いつどんなチラシを配れば反響率を高めることができるのかも分かるようになります。

飲食店のリピーターを確保してくれるDMの作り方

飲食店を営む経営者には、自分や身内、仲間で立ち上げたお店とフランチャイズなどの加盟店に所属している場合が主にあります。飲食店の売り上げを伸ばすにはリピーターの存在が必要とされ、新規客と比べても80%の売り上げに貢献しているといわれています。そこでリピーターを確保する手法と、DMの重要性や作り方についてご紹介していきます。

続きを読む

ショップカードを活用して居酒屋で利益を出す販促活動

飲食店の売り上げに貢献しているのは、新規客が2割、リピーターが8割といわれています。そのリピーターを確保しやすいのが、居酒屋などのお酒を提供するお店です。しかし、すべての居酒屋でリピーターが定着しているかといえばそうでもありません。それは、競合店が軒並み存在しているからです。激戦ともいえる居酒屋で利益を出す方法を、ショップカードを用いてご紹介していきます。

続きを読む

メルマガでの集客方法のコツをご紹介

パソコンやスマホの普及に伴い、ますます身近になってきたインターネット。手軽に自店舗の情報を届けてくれるメルマガを重宝している経営者様や店舗責任者の方は多いことでしょう。メルマガはきちんとした手順を踏めば、自店舗にとっての集客効果を高めてくれるありがたい販促ツールといえます。ここではメルマガを活用した集客方法をご紹介していきます。

続きを読む

スタンプカードでの集客効果はどのくらいあるか

店舗を運営していると、利益の確保につながる施策というのがなかなか実践できません。考えてはいるものの、時間がなかったり、アイデアだけで終わったりしてはいないでしょうか。当然ながら集客率を高めれば売上も上がり、利益確保につながります。そして、施策も手軽に行える販促ツールを活用できれば、時短にもなって店舗の運営に支障をきたしません。ここでは、そんな手軽に実践できるスタンプカードでの集客方法をご紹介していきます。

続きを読む

反響率の高いポスティングチラシは何が違う?知るべき基本知識3選

数ある集客手法の中でも1件1件配布するポスティングは、一見、非効率なようですが実は確実に成果が期待できます。とはいえ、何も考えていないポスティングでは、いくらやっても反応に結びつかないのも事実。手に取って目にしてもらい、さらにそこからアクションが引き出せるポスティングチラシとするためには、どのようなコツがあるのでしょうか。ポスティングチラシの反響率を引き上げるための、ポイントについて見ていきましょう。

続きを読む